こんばんは。

心理セラピストの杉原京子です。

またまたご無沙汰しています。もう11月に入りましたね。
11月に入ってどんどん日が暮れるのが早くなりましたね。

まだまだ京都は紅葉していませんが、秋の深まりと共に紅葉していくのを感じるのが好きなので、
日々少しづつ紅葉していくのを見るのを楽しみにしています。

自然は日頃の疲れを癒し、ストレス解消してくれてるので、紅葉狩りで自然に触れに行くっていいですよ。

秋は季節がいいので行事やお出かけで、
予定がいっぱいになりがちなので、忙しくてイライラしやすくなってませんか?

 

そんな時に追い打ちをかけるように更に怒り爆発しそうな事が起こった時、
自分の中にある風船が膨らみきったような状態で、いつ爆発してもおかしくない。
だけど爆発させてしまうことに恐怖を感じて、限界なのにさらに怒りを抑え込む。
そんな風になっていませんか?

 

風船という例えは、人によっては違い、さまざまだと思います。
今日は、それがモンスターだった人の話を書きます。

自分の中にモンスターがいるような感覚を持っている人がいました。

普段そのモンスターは、
モンスターでなかったり、居なかったり、居てもとても静かにしていておとなしいのだけれど、
段々イライラしだすと、そのイライラと共に頭の中にモンスターが現れたり、
静かにしていたのが動きだして騒ぎ出したりし始め、どんどんと大きくなっていきます。

そのモンスターが暴れだすと同時に、自分もイライラを抑圧できないようになり
モンスターと同じように暴れだしてしまうんじゃないかと不安と恐怖でいっぱいになってしまいます。

モンスターが暴れだしたら、
理性が無くなり、全てを衝動的に破壊してしまう。
自分も、相手も傷つけて壊れてしまい、
何もかも無になってしまう。
失ってしまう。
こんな感覚に襲われて、恐怖でいっぱいになってしまうので、
必死に暴れださないように抑圧します。

自分の中のモンスターが暴れだすと

・理性を失って
・衝動的になって
・自暴自棄になって

自分が築き上げてきたもの

・人間関係だったり
・仕事での実績だったり
・今いる空間全てだったり
・自分自身だったり

何もかも全てをぶち壊しそうになる

これまでコツコツと努力して作り上げてきたのに。。。

 

 

モンスターが現れる時って

何かしらの感情や感覚を感じている時なんです。

だけど、感情や感覚を感じることに怖れを持っている人にとっては
恐怖でしかありません。

誰だって恐怖を感じたくないですよね?

だから、
何かしらの感情や感覚をモンスターという架空の生き物で表現しているのです。

 

 

そうなんです!

モンスターの正体は

 

自分が抑圧した感情や感覚なのです。

 

自分が感じたくない、見たくない、触れたくない感情や感覚なんです。

 

自分の中で得体の知れないモンスターを創り出し

「暴れて破壊する」って妄想の恐怖を使っていれば

自分を抑圧出来るんです。

触れたくない感情を抑圧できるんです!!

だけど、抑圧は自分の気持ちを押し殺す、自分そのものを殺しているのと同じこと。
それは、とっても苦しいこと。
なのに
抑圧することに何かしらいいことがあるから抑圧するのです。

例えば
本当は怒っているのに

我慢して「怒り」を感じないように
表現しないようにしていたら

破壊という状況から逃れられて
・その場の平和が保たれて居場所が得られる
・人から嫌われて一人ぼっちにならなくてすむ
・自分が築きあげてきたものを失わずにすむ

こんなにメリットがあったら、自分を抑圧したくなりませんか?

 

自分を抑圧し(自分を殺していたら)生きていられる
ネガティブと言われる感情を感じてしまうと死んでしまうと死んでしまうと思っているので、

自分の命を守る為に

自分でモンスターを作りだしていたんですね

※そもそも、怒り=爆発させてぶつけるって思ってることにも歪みがあるのですが。。。

モンスターを創り出し続ける人生の先にあるもの

妄想のすごいところはドンドンと大きく膨れ上がってしまうところです。

妄想が膨れ上がっていけばいくほど
妄想の世界に入り込んでしまい

そのうち現実と妄想の区別がつかなくなってしまいます。

妄想が膨れ上がる

モンスターも大きくなる

さらに自分を抑圧する

抑圧できるうちは、まだなんとかなったかもしれないけれど
人は、そうそう抑圧ばかりできないです。

抑圧の限界に達した時
膨らみきった風船がバーンっと割れるように
人間関係や自分自身など、全てを破壊してしまう

あるいは
抑圧し過ぎて心を失くし、うつ状態になってしまいます。

どちらに転んでも
その先に、望んだ幸せはあると思いますか?

モンスターの真の正体とつきあい方

心の中に、安心・安全といった感覚はありますか?

誰だって感じたくない感情や感覚ってあります。

自分の中にある感情を先ずは抑圧せずに認め、受け止めます。

受け止めきれない時には、誰かに寄り添われながら、受け止めてもらい、

自分の中に安心・安全の感覚を育んていくと、少しづつでも感じられるようになります。

 

モンスターの正体が

自分の中にある抑圧した感情や感覚

ということは、

 

インナーチャイルドでもあるんです。

 

インナーチャイルドの声をたくさん聞いて、対話し、寄り添っていると、

モンスターが小さくなっていき、怯えたちっちゃな自分に姿を変えるかもしれませんね。

 

そして今まで抑圧していた感情や感覚を抑圧せずに感じられるようになることは

自分を取り戻す大切なプロセスだと私は思います。

あなたは主体性を持った人生を歩んでますか?

 

引き続き個人セッションのモニターを募集しています。

リトリーブサイコセラピー セッションモニター募集中

今、抱えている問題を解決して、自分の人生を歩んでみたいと思いませんか?

現在、リトリーブサイコセラピーのセッションモニターを募集しています。
モニター価格で、セッションを受けていただけるチャンスです!!
※モニターの条件として、セッションを受けた後に感想をいただける方。

場所:京都市内、もしくは大阪市内
時間:土曜・日曜・祝日の午前もしくは午後、平日の夜 ※場所と時間の詳細は、お申し込み時にご相談願います。
料金:6,000円(モニタ価格)

個人セッションモニターのお申し込みまたは、問い合わせは、下のリンクからできます。

個人セッションモニターお申し込み

個人セッション問い合わせ

 

 

著者

心理セラピスト 杉原 京子

自分という感覚がよく分からなかったり、生きている実感が薄かったり、 人と関わるのが苦手だったりし、人生に何度も行き詰まりを感じる。 それが自身の愛着に問題があったことをリトリーブサイコセラピーで体感する。そして、それは解決できるということも。今後は、この経験を活かして同じように愛着に問題を抱えることで起きる問題の解決のサポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です