今までのやり方では通用しなくなった⁉

自分の人生をふと振り返ってみると、なんとなく卒なくこなして生きてきた人生だなって感じませんか?可もなく不可もなく淡々と言われるがままに生きてきて、これからもそんな風に残りの人生を生きていくのかなと漠然と思っていたのに、なぜか急に卒なくこなすことが出来なくなってきたってことはありませんか?
今までのやり方では通用しない」、「問題を切り抜けられなくなっている!?」、「うまくいかない」、「なんとなく生きづらさを感じる」、「どうして? 何でいつものように出来ないんだろう?」、「こんなはずじゃない」そう感じ始めた瞬間、自分の中で人生が停滞、闇のループに入ったような感覚になったりしていませんか?
 仕事・恋愛・結婚・育児・親の介護とそれぞれの場面で、年齢を重ねていけば重ねていくほど、今までと同じやり方が通用しなくなっているって感じ、どうしようかと困ったり、これからどうやって切り抜けていこうかなと悩んでいませんか?

 

あなたの人生のイニシアティブ、誰がとっていますか?

家族の為、会社の為、親の為、いつも自分以外の「誰かの為」に生きる人生になってませんか? ある日突然、「私は何の為に生きているんだろう?」「生きる意味って何だろう?」って疑問に思ったことはありませんか?「空気を読まないといけない」、「相手を怒らせてはいけない」「ワガママを言ってはいけない」「ちゃんと相手の意にそうように生きないといけない」「誰かを優先させないといけない」そんな思いから、本当は嫌でやりたくない事でも、自分さえ我慢すればいいと自分の本音を押し殺して自分の意に沿わない事をやって生きてませんか?いつも自己犠牲の感覚を持ち、とても苦しくて辛い人生。相手の要求をそのまま自分の中に受け入れてのみ込むような人生を歩んでいると、自分という存在が邪魔になってしまいます。だから、感情や感覚を感じないようにして、自分という存在を消す・殺すという事を自分自身でしているのです。つまりは、自分の中にある全ての感情や感覚を抑圧して、感じないようにして生きることとなります。人は、感情や感覚を元に決めたり行動を起こすものです。言わば感情や感覚が生きる原動力となるのです。だから、感情や感覚を感じないようにしていたら、原動力が働かないのですから、決めたり、行動を起こせなくなって当然です。そもそも自分が何がやりたいのかすら分からない状態になるのです。自分という個の感覚が薄かったり無かったりするので、いつも自分が依存できる人や場所を探し続け、その場所に居続けようとしたり、人に依存し続けようとします。それが家族(パートナーや自分の子供や自分の親)だったり、会社(上司や先輩)だったりするのです。しかし、歳を重ねるにつれ、自分が上の立場になり始めると依存先がなくなることに恐怖を覚え、今までのように、誰かの指示通りにこなすというやり方できなくなってしまいます。依存先がなくなってしまうと、自分の頭で考え、決めて、行動を起こし、責任を取らないといけなくなります。その事に対する恐怖が膨れ上がり、動けなくなってしまいます。つまり、人生に行き詰りを感じてしまうのです。

また、自己犠牲の人生は、我慢が伴います。我慢し続けるということは怒りを溜め込み続けることです。その溜め込んだ怒りは、外に出される事はないので、恨みとなり内側に溜まっていきます。「自分はこれだけ我慢しているのに、どうして誰も分かってくれないんだ」と怒りや恨みでいっぱになり、自己犠牲という被害者のポジションを取り続けます被害者でいれば、相手に非を押し付けて自分は悪くないと他責になり、自分は可哀そうな人と周りからの目を引くこともできます。この他責の念は、初めは身近な人で家族や、会社の人、友達、近所の人、それが段々と肥大化しながら歪曲し、会社が、自治体が、国が、社会がとなって問題がすり替わっていき自分の問題に目を向けなくてすむのです。

その上、「人との関わり方が支配関係しか知らない」ので、人と繋がりを求めるという人間の性質上、この支配関係をすることで、人との繋がりや関わりを得ているので孤独を感じなくて済むのです。
これらの感覚を感じたくなくて、人と支配関係(上か下か)でいる人生を自分で選んで生き続けます。自分の意志を持たず、相手の言うがままに生きる人生は、自分の人生を生きていない事と同じですよね?自分の人生のはずなのに、誰か支配してくれる人の為に生き続ける人生。そんな人生を生きていたら、何の為に生きているのか分からなくなって当然です。もう一度、誰の為の人生を生きているのか見直す必要があります。あなたの人生のはずなのに、誰があなたの人生のイニシアティブを取っていますか?また、相手の支配下に入ることで、自分を見てもらえる、孤独にならなくていい、責任を取らせるといった自分の思い通りに相手を支配してることにもなります。あなたの人生を、あなたは誰にイニシアティブを取らせていますか?
これは共依存という状態で、今、とても多くの日本人が抱えている心の問題です。

このまま問題を放置しておくと…

これを解決せずにそのまま問題を持ち続けていると

    • 依存していた相手がいなくなると、どうしていいか分からなくなり、生きていけなくなる、死にたくなる
    • ずっと依存相手・依存先を探し続ける、そしてその依存相手や依存先に貢ぎ続ける
    • ずっと何かに依存し続けて止められなくなり依存症になってしまう(アルコール、ギャンブル、恋愛、カリスマのある人、ショッピング、過食、過眠)
    • やりたいことがあるのに、足が止まって出来ずに、焦りだけが積もっていき、行き詰る
    • 何もかも一人で自分で背負ってしまうので、被害者意識がとても強くなる
    • 我慢し続けているので、ある日突然キレてしまい、人間関係を壊す
    • 他人を喜ばす為の行動なので、どんなに行動しても虚無感を感じ、達成感を感じられない
    • ずっと不幸な人生を生きる
    • 選択肢が2択になっているので、いつも可能性が狭まり成功のチャンスが少なくなる

 

その問題、解決できるんです!

自分と向き合うことで、自分の内側で何が起こっているのか、何が問題なのか、根本の問題を見ていく事で解決の道へと繋げていきます。お話を聞き、何が問題なのかを感覚で腑に落としながら、明確にして根本的解決のサポートをします。

カウンセリング
所要時間:約1時間
お話を聞き、何が問題なのかを整理して明確にします。
※間もなく、モニタ募集を致します。

 

セッション
所要時間:約1.5~2時間
お話を聞き、何が問題なのかを整理して明確にした後、その問題を取り扱ったセッションを行います。
※間もなく、モニタ募集を致します。

こんな人に最適です

  • 仕事・恋愛・結婚・育児・親の介護等、人生に行き詰りを感じていて、どうしようもなくなってる
  • 自分の人生って何だったんだろうと虚しさを感じ、これからどうしていけばいいのか分からない
  • 残りの人生も、このままでいいのだろうかと疑問を抱いている
  • いつも焦燥感に駆られている
  • 何もかもが嫌になって投げ出したくなる
  • 断りたいのに断れない
  • どんな事でも決められない
  • 自分が大嫌いで仕方がない
  • 不幸な人生をやめたい
  • 人の顔色をいつもうかがってしまってしんどい
  • 人を優先させてしまう
  • 心で感じている事と言動が裏腹で苦しい

 

問題が解決した先にあるものは?

  •  自分という感覚がよく分かるようになり、自分の人生を生きているという感覚が強く、はっきりします。
  • 自分の人生に対して充実感を感じられます。
  • 行き詰まり感が薄れ、行動を起こせるようになるので、物事が動き始めます。
  • 自分で決めて行動出来るので、将来の夢や目標に対して自己実現への道が進みます。
  • 優先順位がつけられるようになります。
  • 人の顔色をうかがわずに、自分の意志を大事にして優先させるようになります。
  • 人との距離感、付き合い方が分かるので、自分の心地よい距離間や付き合い方ができるようになります。
  • 人付き合いの幅が広くなり、世界観が広がります。

 

 

リトリーブサイコセラピー セッションモニター募集中

今、抱えている問題を解決して、自分の人生を歩んでみたいと思いませんか?

現在、リトリーブサイコセラピーのセッションモニターを募集しています。
モニター価格で、セッションを受けていただけるチャンスです!!
※モニターの条件として、セッションを受けた後に感想をいただける方。

場所:京都市内、もしくは大阪市内
時間:土曜・日曜・祝日の午前もしくは午後、平日の夜 ※場所と時間の詳細は、お申し込み時にご相談願います。
料金:6,000円(モニタ価格)

個人セッションモニターのお申し込みまたは、問い合わせは、下のリンクからできます。

個人セッションモニターお申し込み

個人セッション問い合わせ